産婦人科はこんな所

産婦人科はこんな所

女性の看護師にとって、産婦人科というのは、小児科と同じように思い入れがある科ですよね。
女性は出産という生活環境の変化がありますから、本能的に引かれるものがあるのだと思います。

産婦人科というのは出産に立ち会う事が多く、幸せな出来事に遭遇できる、
楽しい職場だと思っている方が多いかもしれません。
しかし、実際にはシビアな事も沢山起きている職場です。
無事に健康な赤ちゃんを授かる方がいる一方で、障害を抱えた赤ちゃんや、死産、また出産をした事により、
母体にトラブルが起きるという場合もあります。
さらに、切迫流産や妊娠中の何かしらのトラブルで入院している方も沢山います。

産婦人科で働く時には、楽しい事ばかりではなく、いろいろなケースが起こりうるんだ、
という事を頭に入れておく事が大切です。

産婦人科で働く事を目指しているのであれば、助産師の資格を取る事をお勧めします。
産婦人科で働く看護師は、助産師の資格をもっているかいないかで、ドクターからの信頼度が全く違います。
助産師を中心にシフトも組まれます。
病院側からしても、専門的な高い知識を持っている看護師を求めていますから、産婦人科で働くのであれば、
助産師の資格を持っているとかなり有利です。

産婦人科では、悲しくて辛い出来事も起こりますが、出産に立ち会った時の感動は、何事にも変えられないものがあります。
看護学生だった頃に実習で出産に立ち会い、その感動が忘れられず、産婦人科で働く事を希望する看護師が少なくない、
という理由も良くわかります。
妊娠中にトラブルがあった方が、無事に健康な赤ちゃんを出産した時など、あまりの感動で涙が溢れそうになる場合もあります。
産婦人科は、感動を与えてくれる、やり甲斐のある職場です。

2013年12月 1日|