長く看護師派遣を続ける方法

長く看護師派遣を続ける方法

pixta_2277426_S.jpg

医療業界では、慢性的な看護師不足、人材確保の問題が深刻化していることもあり、社会福祉施設や施設内診療所での医療従事者の派遣が認められ、その後、病院内へも紹介予定派遣の活用が認められるようになりました。

派遣法による派遣期間は最長3年で、これは雇用側や派遣先、派遣社員が働き方を見直す機会として設けられました。

しかし、今では派遣は特殊な働き方ではなく、終身雇用・年功序列といった昔からある日本的な働き方ではない、個人の希望に合った勤務時間、勤務地、仕事内容を選択して働く人も増えています。

紹介予定派遣は、派遣期間終了後、直接雇用になる派遣ですが、給料が下がることを避けるため、多くの看護師は次の派遣先を探し、働いています。

単発の看護師派遣で派遣期間を気にせずに働ける

派遣でも、単発派遣、期間限定派遣があって、うまく組み合わせていくことで、長く働けますよ。

働く時間、期間が限られているので、人間関係で困ることもあまりないし、時給が高い仕事を掛け持ちしていくことで、常勤と同じくらいの収入になりますよ!

派遣会社の看護師求人では派遣法が気になって働けない・・・。


派遣会社が紹介してくれる仕事は、デイサービスや老人ホームなど社会福祉系で、しかも週3日以上、1日6時間以上と縛りがあったりするんですよね。

福祉系は時給が安いし、派遣法もあって、長く働けないですよね・・・(T_T)

看護師求人サービスを利用しないと損をする!??


生涯派遣、という感じで、長く派遣として働き続けたいなら、期間限定派遣がお勧めです!

派遣会社の求人は基本「紹介予定派遣」なので、ゆくゆくは直接雇用になるために、準備期間として派遣で仕事をする感じですね。

直接雇用になると、時給が500円くらい下がることがあります・・・。

単発でのスポット派遣や日払い看護師派遣もおススメ!

コンスタントに仕事をしていくコツは、看護師求人サービスをうまく利用して、自分に合った仕事を紹介し続けてもらうことです。

スポット派遣はたくさん求人があるし、給料即日払いもあったりして、とても助かりますよ!

訪問入浴看護師の悩み

2016年4月21日|